UA-29424213-1

HOME > COLUMN

RUSHは専属スタイリスト

RUSHはオープンして今年で28年です、ずっとお付合いしていただいているお客さも沢山みえます、本当にありがとうございます。常連様になったといっても仲良くはなりますが、毎回初心は忘れないように接客したいと思っています。馴れ合いになってしまってはいい事ありませんから。

  • 流行やトレンドをしっている、
  • カッコいいヘアスタイルを作る
  • ちゃんとカットしてある、
  • お客様が手入れしやすいようにアドバイスをする、

上記の事は当たり前です、最低ラインです、私はプロですから、
しかし、お客様の好みや気持ちはいろいろですのでそこを満足していただくのが一番大変なことです、
無理なことは無理ですが、なぜ出来ないのか?
お客様の髪質でしたら何が合うのか、
たくさんアドバイスさせていただきます。

初めてご来店される方はもう何十年もいろいろな美容室に行っていろいろ失敗をしたり、嫌な思いをされた経験をお持ちで、それが結構トラウマになっている方が多いです、特にオーダーしたようになったことがないと言うお客様は美容師を信用していません(笑)でも気に入らない髪型にされてはたまったもんじゃありませんから、どんどん信用しなくなりますよね、だから初めてご来店のお客様には嘘はつかず出来ることと出来ないことを話して納得してからやることが大事です、やはり人間関係が一番ですので、

美容院はすべてオートクチュール(オーダーメイド)

シェフや洋服のデザイナーは食材や生地といった材料を
自分たちの意向で選んで作ったものを売るということですが

ヘアスタイリストは材料を選べません、材料(食材や生地)はお客様の髪の毛ですので、

流行りの髪型、素敵な髪型を作るスキルはあっても
素材がそれに合うかはべつなのです、
たとえるなら、毛糸でスーツを作れとか、
肉がないのに、ステーキが食べたいとか、

まずはそこをしっかりお客様にお伝えし、
出来る事と出来ない事をしっかり理解してもらいうようにしています、

プロは技術があって当たり前です、
どんな髪型でもカットの仕方はすぐにわかります、
私はお客様に似合うものしか作らないですが
似合うか似合わないか、
味覚や趣味嗜好は十人十色なので、

高級食材をふんだんに使って有名シェフが作った料理は
素晴らしいかもしれませんがそれが本当に美味しいかは
人それぞれです、

たくさん話して、あとはやってみて
何回かお付き合いしてお客様の趣味嗜好を理解して行けば
こちらからの提案もしやすくなります、

とにかく相談を重ねお客様自身が納得して作り上げた髪型は完全にフルオーダーなのです。

美容院は楽屋

人生を舞台だとすれば、
美容院は楽屋です、

だからヘアスタイリストやメイク、ネイリストは
目立つべき人ではないです、

お客様がみなさんに褒められれば
それが私たちの勲章です、

だから美容院は楽屋、
楽屋は目立ってはいけない
だから髪を作ってるところが外から見えたらダメです、
楽屋は閉鎖的であるべき

今はスタイリストの方が目立ってる事が多いです、
お店もカフェのようで外から丸見え、
なんか何か勘違いしてないでしょうか?

お客様が目立てばいいのです、
美容院に行って来た事もあまり知られたくないのです

映画で言えば、エンドロール後半に出てくる人たちです、
でもその映画、主役が褒められれば
自分が褒められたのとイコールです。

僕らは裏方さんなのです。